男性と女性どっちが多い?

塾講師の社会では性別の比率はほぼ半々の場合が多くなっています。
女性が社会進出する前には、求人も男性限定に絞られていることがありましたが、それは数十年前の話であり、今では男女雇用機会均等法があるので、性別による差別はあってはならないこととなっています。
もちろん塾のな感は女性の人数のほうが多かったり、男性の人数が多かったりなどの差はありますが、それらは意図的に付けられたものではなく、通常の採用活動を続けていた結果生じた差なのです。
塾講師の求人では男性限定の求人や女性限定の求人などは全く無く、どの性別を持っている人でも働きやすいようの環境が整えられています。
塾の中でも大手の企業や従業員の働き方について親身になって考えている企業では、育児休暇を取得させてくれたり、産休をとらせてくれるところも増え続けています。女性でも安心して働ける環境が整えられていますから、これから塾講師の募集に応募される方は安心して応募しましょう。
現在では社会的にどの職場も男女比率が均等になりつつありますので、性差別は全くありません。
塾講師の求人は男性でも女性でもすべての人たちに平等にチャンスが与えられているので怯むことなく応募するのが一番です。